こころの病気の経験を生かして働く

ピアサポーターを目指したい方へ

※現在、募集を行っていません。

多機能型事業所PEER+design

自立訓練(生活訓練)

”PEER+school”

《6月8日OPEN》

※本事業は障害福祉サービス内で運営し、自立訓練(生活訓練)サービス及び社会的ニーズに合わせて事業を実施することを目的としています。

<事業実施の背景>

昨今、日本において精神障がいのある方が自身の経験を生かして、精神保健福祉領域で支援の仕事をするピアサポーターやピアスタッフなどを職業として希望する方が増えています。

一方で、北海道においても以下の社会的課題が挙げられます。

  • ピアサポートを担う人材の就労に関する相談窓口がない

  • ピアサポートを担う人材を育成する機関(機会)がない

  • ピアサポートを担う人材の就労先がない

  • ピアサポートを担う人材の就労定着のサポートがない

<PEER+schoolの内容(目指すべき役割)>

本事業は障がい者の雇用促進や、社会的課題の解決、本人のリカバリー促進に着眼した事業を実施し、精神的に困難を経験した方が、支援の現場などで「自身の経験を生かして働く」ために、相談窓口の創設・人材育成・就労開拓・就労定着のサポートを行います。

<対象者>

自立訓練(生活訓練)のサービスを利用できる方で、精神障がい等があり、ピアサポートを担う職業に就きたい方が主な対象になります。

・精神保健福祉領域のピアサポーター、ピアスタッフ(有償)を目指したい方

・医療や福祉サービスの支援員を目指したい方

・企業の中でピアサポート活動を行いたい方

<定員>

6名

<コース開所日>

令和2年6月8日(月)

※新型コロナウイルスの影響により、開所日を変更する場合があります。

※尚、詳細につきましては別紙「概要書」をご確認ください。

<事業所所在地>

多機能型事業所PEER+design 自立訓練(生活訓練)内

PEER+school(ピアスクール)

〒003-0024 北海道札幌市白石区本郷通13丁目南1-3ストーンヒル1階B

ピアスクールカリキュラムについて

ピアスクールでは以下のカリキュラムを予定しています。また、内容の詳細については入学後にお知らせいたします。

<実施カリキュラム(予定)>

A.ピアサポートに関する学び

B.リカバリーに関する学び

C.精神保健福祉に関する学び

D.支援スキルに関する学び

E.就労に関する学び

F.セルフヘルプに関する学び

G.生活に関する学び

H.その他

 I. 実習等に関する学び

※A~Iの各分野で7割の単位取得が必要です。

※必要な単位数については入学後にお知らせします。

<スケジュール(予定)について>

ピアスクール月間スケジュールについては見学時にご説明します。

<スクールの流れについて> 

【1日の流れ】

10:00~10:30 チェックイン

10:30~12:00 午前の講座(講義/グループワーク/レポート)

12:00~13:30 昼休み

13:30~15:00 午後の講座(講義/グループワーク/レポート)

15:00~15:15 チェックアウト

15:15~16:00 自習・面談等

※昼食1食200円

※不定期で土曜日午前営業あり(昼食なし)

※新型コロナウイルス対策により時間短縮営業あり

<講座のイメージ【基本】(90分)>

講義(20分)⇒グループワーク(30分)⇒中休憩(10分)⇒レポート(30分)

※講座の内容によって変更する場合があります。

<北海道ピアサポート協会 認定ピアサポーターについて>

上記のカリキュラムを受講し、単位数を満たした方については北海道ピアサポート協会が発行する「北海道ピアサポート協会 認定ピアサポーター」の認定証を発行します。

<お問い合わせ先>

〒003-0024 北海道札幌市白石区本郷通13丁目南1番3号  ストーンヒル本郷13 1階B

多機能型事業所PEER+design内 PEER+school

011-598-0475(平日9:30~17:45) / school@hokkaido-peer.net

担当:稲垣・小笠原

以上

札幌市指定障害福祉サービス

自立訓練(生活訓練)/就労継続支援B型

生活困窮者就労訓練事業認定事業者

​北海道ピアサポート協会SNS
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

© 2015 PEER + design