​ピアサポート

ピアサポートとは、同じような立場の人による助け合いや支えあいと訳されます。
ピアデザインでは、精神的に困難な経験や体験をしたスタッフも働いています。例えば、キャリアデザイン(就労B型)では仕事を通し、メンバーやスタッフがお互いにサポートし合いながら、協力して働いています。(協働モデル)

19-07-29-22-57-53-197_deco_edited.jpg

​ストレングス

ピアデザインは、コミュニケーションが多い事業所です。病気や障がいの課題や問題点に焦点を当てるのではなく、その人らしさや、ひとりひとりの強み(良いところ)に着目し、それぞれのペースでリカバリーをしていくことを大切にしています。

DSC_1496.jpg

​クラブハウス

ピアデザインでは、メンバーとスタッフが協働して事業所の運営を行っています。

1940年にアメリカのニューヨークで始まったクラブハウスは全世界に広がりました。日本でもクラブハウスモデルを取り入れているところがあります。運営にあたり、メンバーひとりひとりが中心になり、それぞれが役割を持ち働くことも特徴です。

DSC_1493.jpg

​元気回復行動プラン

​ピアデザインでは、WRAP(元気回復行動プラン)の考えを大切にしています。

WRAPとは精神的な困難を抱えた人たちが自分らしくあり続けるための知恵や工夫を蓄積して作られた自分で作る自分のためのリカバリープランです。

お互いを知るチェックインやチェックアウト、安心と安全の合意なども取り入れて場作りを行っています。

DSC_1491.jpg